活動レポート

REPORT

活動レポート

緊急要望 大雪に伴う除排雪の対応について

1月20日、自民党札連(高木宏壽会長)と札幌市議会自由民主党議員会(山田一仁会長)は、秋元克広札幌市長に緊急申し入れを行いました。
1月11日から続いた「ゲリラ豪雪」とも呼ぶべき大雪・暴風雪は
市民生活に大打撃をあたえ、今なおその影響は続いています。
小竹も議員会政審会長として、緊急案件のため、要望内容の検討と申し入れに向けあわただしく動きました。

札幌管区気象台によると1月19日午前9時現在、降雪量220㎝、積雪量72㎝に達しており、昨年度に比べ累計降雪量65㎝、積雪量30㎝上回る状況となっています。

今回、市民生活を守るため、早急に取組等を強化し、これ以上市民生活に支障が生じないよう万全の対策を講じられるよう、次の5項目を要望しました。
1 公共交通の定時運行や自動車通行の円滑化を図るため、更なる運搬排雪に努めること。
2 市民生活を守るため、ごみ収集や緊急自動車の対応 が確保できるよう、生活道路の除雪について効果的な対策を講じること。
3 市民生活の安全を確保するため、特に独居高齢者等に対し、地域と連携し事故等を未然に防ぐ対策を講じること。
4 19日に始業式を迎えた小学校通学路の確保をはじめ学校周辺の除排雪作業を早急に進め、生徒・児童の通学の安全対策にあたること。
5 今後の除排雪事業に支障が生じないよう、今回負荷のかかっている事業者支援策等を踏まえ適切な補正予算等の措置及び国に対し特別交付税の財源措置を講じること。