活動レポート

REPORT

活動レポート

代表質問~令和4年第1回定例会~

 現在、札幌市議会は令和4年第1回定例会が開かれています。
2月21日(月) 本会議にて代表質問にたちました。

 今冬の大雪は、社会経済活動、市民生活に大きな影響をもたらしています。
1月20日、自民党議員会は、市長に対して除排雪についての緊急要望をしましたが、当然の如く、一朝一夕に担い手となる除排雪業者、重機類が一気に増える訳ではなく(排雪の)ダンプトラックの不足も深刻です。
現在、雪堆積場は市の中心部にはなく、事業者の皆さんは燃料が高騰する中、非効率な除排雪作業を辛抱強くしてくださっています。
代表質問の中でも、強い使命感のもと昼夜を問わず懸命にご尽力をいただいていることへの感謝を申し上げました。

 今回の代表質問では、今冬の大雪をどうとらえたのか、
そして、今冬の大雪を踏まえて雪堆積場を市の中心部に再度設ける等、その拡充を提言いたしました。
 しかし、市長の答弁は、今冬の大雪が市民生活にとって危機ではなかったと認識しているかのようにとれる答弁であり、傍聴いただいた方からは後程、不足不満とのご指摘をいただいたところです。

代表質問をした21日、翌22日はまたまた大雪となり、JRはとまり、バス運行も遅れるどころか運休、また多くの学校は休校という事態になりました。
学校が休校になるということは、どれほどの大雪であったかを顕著に示す指標です。
ゴミ収集も完全に通常の状態には戻ってはいません。
大雪や台風などは自然がもたらすものであり、行政が手を出すことはできませんが、気候変動対策等を含め、市民生活に危機がもたらされると判断し、対応するのは行政です。

悲痛な声が各議員のもとに届いています。
中には、身勝手な声もあり、閉口することもありますが、多くの市民が抱えた今冬の問題です。

今冬の災害とも言える大雪を教訓に雪が融けても忘れることなく、雪堆積場の拡充も含め、行政へ実効性のある提言をして参ります。

その他の質問は以下に記載しております。
今回の代表質問については、令和4年春号の市政だよりで報告いたします。

【質問項目】
1.市長の政治姿勢について
 (1)今冬の大雪に対する対応と危機管理体制について
  ➀今冬の今冬の災害級の大雪に対する対応
  ➁大雪時における雪堆積場の確保
  ➂新たな危機管理体制
 (2)令和4年度財政運営について                
  ➀事業の再編・再構築と事務事業
  ➁経済対策
  ➂地元中小企業の経営の安定化に向けた取組
 (3)新たな都市づくりについて
  ➀まちづくり戦略ビジョン
  ➁スマートシティの推進
  ➂環境首都・札幌の脱炭素化への取組
  ➃「札幌の景観色70色」の活用など良好な景観形成に向けた取組
2.経済活性化について
 (1)産業振興ビジョンの改定について
 (2)札幌市北京事務所運営の評価と今後の海外展開支援について
3.子育て環境の整備拡充について
 (1)さっぽろ子ども未来プランの取組の推進について
 (2)子どもの貧困対策計画について
4.市立高校改革について
5.(仮称)札幌市町内会に関する条例について
6.消防団の充実強化について

緊急要望 大雪に伴う除排雪の対応について

1月20日、自民党札連(高木宏壽会長)と札幌市議会自由民主党議員会(山田一仁会長)は、秋元克広札幌市長に緊急申し入れを行いました。
1月11日から続いた「ゲリラ豪雪」とも呼ぶべき大雪・暴風雪は
市民生活に大打撃をあたえ、今なおその影響は続いています。
小竹も議員会政審会長として、緊急案件のため、要望内容の検討と申し入れに向けあわただしく動きました。

札幌管区気象台によると1月19日午前9時現在、降雪量220㎝、積雪量72㎝に達しており、昨年度に比べ累計降雪量65㎝、積雪量30㎝上回る状況となっています。

今回、市民生活を守るため、早急に取組等を強化し、これ以上市民生活に支障が生じないよう万全の対策を講じられるよう、次の5項目を要望しました。
1 公共交通の定時運行や自動車通行の円滑化を図るため、更なる運搬排雪に努めること。
2 市民生活を守るため、ごみ収集や緊急自動車の対応 が確保できるよう、生活道路の除雪について効果的な対策を講じること。
3 市民生活の安全を確保するため、特に独居高齢者等に対し、地域と連携し事故等を未然に防ぐ対策を講じること。
4 19日に始業式を迎えた小学校通学路の確保をはじめ学校周辺の除排雪作業を早急に進め、生徒・児童の通学の安全対策にあたること。
5 今後の除排雪事業に支障が生じないよう、今回負荷のかかっている事業者支援策等を踏まえ適切な補正予算等の措置及び国に対し特別交付税の財源措置を講じること。

来年度予算に向けた「政策提言書」を市長に手交

10月29日、山田議員会会長、伴幹事長とともに札幌市議会自由民主党議員会を代表して、
10分野159項目にわたる来年度予算に向けた「政策提言書」を、市長にお渡しいたしました。
(今期後半、私は会派三役となる政審会長を務めております。)

これまでも、市に対して将来にわたっての活力ある札幌市の発展と安全・安心なまちづくりに向けた積極的な市政執行
の推進を求めて参りました。
合わせて、急速に進む超高齢化と人口減少社会の到来をふまえ、未来を担う子どもたちの健全な育成と持続可能な社会環境への早急な取組として、各種施策の充実も提言して参りましたが、ここに来て、昨年からの世界中を巻き込んだ新型コロナウイルス感染症の猛威。
日常生活をはじめ、幅広い分野に甚大な影響を及ぼし人々の行動変容をはじめ、世界の社会経済情勢が大きく変わってきており、その加速度はさらに増しています。
この急激な状況変化を的確にとらえ、危機感を持ちながらの対応を札幌市にさらに求めました。

感染症対策の充実はもちろんのこと、市民の健康と命を守る医療保健施策の充実。
経済活性化と雇用、特に女性の就労支援。
札幌市の経済を支えている観光の振興とその周辺の各種産業への支援。
子育てや教育の環境の整備と拡充。
札幌市のまちづくり、国際的スポーツ都市さっぽろの創造策、防災と雪対策、地域生活に即した福祉施策など、市民の生活、人生に直結する多肢にわたる内容が提言書に盛り込まれています。
これらすべては、感染症拡大により確立してきた新しい生活様式を踏まえ、今後も起こりうるその脅威に立ち向かる内容になっています。
行政サービスがより効率的に市民にいきわたるよう、市政執行と行政サービスの向上についても組み込みました。

また、小竹からは、
「コロナ下での高齢者への心身両面でのフレイル(衰え)対策について」。日頃から町内会の皆さま方と間近に接している中で感じるその重要性について話題を向けさせていただきました。                    

札幌市は、来年、令和4年2022年
市政施行100周年、
政令指定都市移行50周年

という大きな節目の年を迎えます。

「成長」から「成熟」へ。

次の世代に引き継ぐ「まちづくり」を進めるためにも、
これからも市政へのチェック、提言を続けてまいります。